しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

マインドフルネス瞑想中、つい揺れ動いてしまう心をどうするか?「マインドフルネス ストレス低減法」その19

f:id:englishforhappiness:20180320064920p:plain

何もせずに、とにかく呼吸に注意を集中し続ける、マインドフルネス瞑想。実践を
始めた当初は、すぐに心が揺れ動いてしまって、続けられなくなるのが普通です。
どう考え、どう対処すればよいか?マサチューセッツ大学メディカル・センターの
ストレス・クリニックにおける大勢の人たちの臨床体験を基に書かれたベストセラー
「マインドフルネス ストレス低減法」より、バイリンガルでご紹介します。

 

But when you try sitting in your house with nothing to watch but your breath, your body,
and your mind, with nothing to entertain you and no place to go, the first thing you will
probably notice is that at least part of you doesn’t want to stay at this for very long.
After perhaps a minute or two or three or four, either the body or the mind will have had
enough and will demand something else entirely. This is inevitable. It happens to
everybody, not just to novices.

しかし、何もせずに、なんの目的もなく、自分の呼吸や体や心だけを観察しながら、
長時間座っているというのは、それほど楽なことではありません。三、四分も続けて
いると、心も体も、「もう充分だ」「ほかの姿勢に変えたい。別のことをやりたい」と
訴え始めるのです。これは仕方がないことです。

 

It is at this point that the work of self-observation gets particularly interesting and fruitful.
Normally every time the mind moves, the body follows. If the mind is restless, the body is
restless. If the mind wants a drink, the body goes to the kitchen sink or the refrigerator.
If the mind says, “This is boring,” then before you know it, the body is up and looking
around for the next thing to do to keep the mind happy, usually by entertaining it or
distracting it and thus diverting you from your original intention to stay with the meditation
practice. It also works the other way around. If the body feels the slightest discomfort,
it will shift to be more comfortable or it will call on the mind to find something else for it
to do, and again, you will be standing up, literally before you know it. Alternatively,
you may find yourself perpetually lost in thought or daydreaming.

しかし、自分の観察は、これからがおもしろくなってくるのです。普通は、心が揺れ
動くと、体も連動して動きます。心が落ちつかないと、体も落ちつきません。
たとえば、心が「喉が渇いた」と思えば、体は台所の冷蔵庫に向かいます。心が
「なんて退屈なんだ」と思えば、体は何か次のやることを探し始めます。逆の場合も
同じです。体がすこしでも不快感を感じたら、もっと楽な姿勢に変えるか、心に命じて
何か別のものを考えてもらいます。

 

If you are genuinely committed to being more peaceful and relaxed, you might wonder
why it is that your mind is so quick to be bored with being with itself and why your body is
so restless and uncomfortable. You might wonder what is behind your impulses to fill
each moment with something, what is behind your need to jump up and get going or be
entertained whenever you have an “empty” moment. What drives the body and mind
to reject being still?

あなたは、自分が平安と安らぎを求めているのに、なぜ自分の心も体も、落ちついて
生きることにすぐにあきてしまうのか、と考えてしまうでしょう。なぜ心がそわそわ
してじっとしていられないのか、なぜ一つひとつの瞬間を何かで埋めようとする衝動に
かられるのか、あるいは、“何もない”瞬間が訪れると何か楽しいことをしたいと
思うのはなぜか、心と体が“ただ存在している”という状態を拒絶したくなるのは
なぜか、と考えてしまうでしょう。

 

In practicing meditation we don’t try to answer such questions. Rather we just observe
the impulse to get up or the thoughts and emotions that come into mind. And instead of
jumping up and doing whatever the mind decides is the next on the agenda, we gently
but firmly bring our attention back to the belly, back to the breathing, and just continue
to watch and feel and ride on the waves of the breath, moment by moment by moment.
We may ponder why the mind is like this for a moment or two, but basically we are
practicing accepting each moment as it is without reacting how it is. And so, we keep
sitting, attending to the breath sensations and being the knowing that awareness already
is.

しかし、瞑想をするときには、こういった疑問に答えようとしてはいけません。
わきあがってくる衝動や心の中に生じてくる思いを、ひたすら観察するだけでいいの
です。そして、次にやろうと心が決めたことをすぐに実行に移す代わりに、静かに、
それでいてしっかりと腹部と呼吸に意識を戻し、じっと呼吸の観察を続けるのです。
なぜ自分の心はこんなに揺れ動いてしまうのだろうという疑問のほうに心が向いて
しまう瞬間もありますが、それはそれとして、基本的には一つひとつの瞬間を受け
入れる練習をしているということを忘れないでください。じっと座り続けて、ひたすら
自分の呼吸に意識を向けてください。

 

  

マインドフルネスストレス低減法

マインドフルネスストレス低減法

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約