しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

瞑想で「何もしないこと」の素晴らしさを体感する。「マインドフルネスを始めたいあなたへ」その6

f:id:englishforhappiness:20171114051521j:plain

スマホ、ゲーム、LINE etc…つねに何かをしていなければ落ち着かない、
という人にとって、「瞑想って、ただ座っているだけでしょ。それで何が変わるの?」
という疑問を抱くのは当然かも知れません。そんなあなたに、マインドフルネス普及の
功労者ジョン・カバットジンの以下の言葉をお贈りします。

 

If you sit down to meditate, even for a moment, it will be a time for non-doing. It is
very important not to think that this non-doing is synonymous with doing nothing.
They couldn’t be more different. Consciousness and intention matter here. In fact,
they are key.

あなたがたとえほんの一瞬だけでも瞑想するために座ったのなら、それは何もしない
ための時間です。この「何もしないこと」は、何もせずダラダラ過ごすことと同意語と
思わないことが非常に重要です。これ以上違う言葉はないというほど、まったく違う
意味を持っています。これは、意識と意図の問題です。実のところ、それがカギです。

 

On the surface, it seems as if there might be two kinds of non-doing, one involving
not doing any outward work, the other involving what we might call effortless activity.
Ultimately we come to see that they are the same. It is the inward experience that counts
here. What we frequently call formal meditation involves purposefully making a time
for stopping all outward activity and cultivating stillness, with no agenda other than
being fully present in each moment. Not doing anything. Perhaps such moments of
non-doing are the greatest gift one can give oneself.

表面的に見ると、「何もしないこと」には、外側の動きを何もしないことと、いわゆる
努力を要さない活動、という二種類のものがあるかのように思えます。しかし結局は、
これらは同じであることに気づきます。ここで問題なのは、内なる経験です。私たちが
よくいう正式な瞑想とは、その一瞬一瞬に完全に存在する以外の目的を持たず、外側の
活動をすべてやめ、静寂を深めるための時間を意図的に作ることです。何もせずに。
おそらく、こうした何もしない瞬間は、自分に与えることのできる最高の贈り物
でしょう。

 

TRY:

Recognizing the bloom of the present moment in your daily meditation practice
if you have one. If you are up early in the morning, try going outside and looking
(a sustained, mindful, attentive looking)at the stars, at the moon, at the dawning light
when it comes. Feel the air, the cold, the warmth (a sustained, mindful, attentive
feeling).Realize that the world around you is sleeping. Remember when you see
the stars that you are looking back in time millions of years. The past is present now
and here.

エクササイズ

もしあなたが毎日瞑想を実践しているなら、その瞑想の中で、現在というその時が
花開く瞬間に気づきましょう。朝早く起きたら外に出て、星、月、そして夜が明ける
ときには朝陽を見つめてみましょう(ゆっくりとマインドフルな注意深い観察)。
空気や、冷たさ、暖かさを感じてみましょう(ゆっくりとマインドフルな注意深い
感覚)。周囲の世界が眠っていることに気づいてみてください。あなたが星を見上げる
とき、数百万年もの時間を振り返っているのだという事実を思い出してください。
過去は、今ここで、現在になっているのです。

 

Then go and sit or meditate lying down. Let this or any time you practice be your time
for letting go of all doing, for getting into the being mode, in which you simply dwell
in stillness and mindfulness attending to the moment-to-moment unfolding of the present,
adding nothing, subtracting nothing, affirming that “This is it.”

その後、座るか寝転がるかしてください。この時間、そしてあなたが実践するときは
いつでも、すべてのことを手放し、静寂とマインドフルネスの中に存在するだけという
モードに切り替え、現在が一瞬ごとに展開していく様子に注目し、何も付け足さず、
何も差し引かず、「これがそのものなんだ」ということを確認する、という時間に
してください。

 

Wherever You Go, There You Are

Wherever You Go, There You Are

 

  

マインドフルネスを始めたいあなたへ 毎日の生活でできる瞑想:Wherever You Go, There You Are

マインドフルネスを始めたいあなたへ 毎日の生活でできる瞑想:Wherever You Go, There You Are

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約