しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

記憶力を活性化するマインドフルネス。鍵は、集中すること。「ブッダの時間」その13

f:id:englishforhappiness:20171017060619p:plain

今この瞬間に意識を集中させるマインドフルネスは、忘れてしまった何かを
思い出すのにも役に立つと言います。アメリカ生まれのチベット僧ラマ・
スールヤ・ダスの解説に耳を傾けてみましょう。

 

You have no doubt figured out that when you’re struggling to remember something,
often the best solution is relax your mind, “It’ll come to me,” you say. And it usually does,
once you stop struggling and straining. Why is that? Because everything that you have
ever learned or might want to learn is at hand and available in the timeless dimension.
You don’t have to reach for anything. You just have to find the still center within and
make yourself open to letting information come to you.

何かを一生懸命思い出そうとするとき、一番いいのは、心の緊張を解くことです。
「そのうち思い出せる」と自分に言い聞かせて、無理せず気持ちを楽にしていると、
本当に思い出せるものなのです。なぜでしょうか。それは、かつて学んだこと、
あるいは学びたいと思ったことは、すぐそばの、時間を超えた次元に置かれている
ためです。あえて、とらえようとせず、ただ心をオープンにして、静かに、自然に
情報が浮かび上がってくるのを待つのです。

 

Lao-tzu would probably have called this approach the way of nonaccessing The seers
of ancient India spoke of the akashic record――the cosmic storehouse of all and
everything. It is also known as gnosis, from one of the Greek words for “knowledge.”
The psychoanalyst Carl Jung called it the collective unconscious. The only thing we
have to do is keep ourselves and our attention in one place long enough to tap into it.
老子の“あえて近づかない方法”、すなわち、「泥水をそのままにしておけば、いずれ
澄んだ水になる」という言葉も、これと同じことを言っているのでしょう。古代インド
の預言者はよく、全宇宙の過去、未来のすべてが収められた倉庫である”アカシック
レコード”に言及します。知識を意味するギリシャ語から来た”グノーシス”としても
知られ、精神分析学者カール・ユングが”普遍的無意識”と呼んだものです。記憶を
取り戻すために必要なことはただひとつ、落ち着いてひとつのことに集中し、情報が
みずから現れるまで静かに待つことです。

 

The contemplative practice of increasing focus and concentration is more about
tuning in, creating a channel, opening the crack in the eternal moment, than it is
about strenuous mental calisthenics. When we train ourselves to focus, we are
really learning to be sensitive, active receivers. It’s our number-one tool for cutting
through the temporal chaos of daily life, since time itself fades away when we fully
focus on the present moment.

瞑想による集中力や注意力の訓練は、心の柔軟体操というより、周波数を合わせ、
チャンネル(経路)を作り、永遠の時間に割れ目を作るために行ないます。一点に
集中する練習をすると、敏感に、そして積極的にものごとを受けとめられるように
なります。これらは、日常生活につきまとう一時的な混乱を切り抜けるための最高の
道具です。なぜなら、今という瞬間に集中できるようになると、時間そのものが
消失するからです。

 

When we run into trouble, we need only stop, take a breath, find our center, and
take stock. Concentrative meditation trains us to do this. And the greater our level of
concentrated attention, the more we can take in, the more grounded we feel, and
the more able we are to make thoughtful choices.

問題に直面したら、立ち止まって一息つき、問題の中心を見出し、それをしっかりと調べさえすればよいのです。それを可能にしてくれるのが、気づきの瞑想です。気づきのレベルが高くなるほど、より確かさが感じられ、よい選択ができるようになります。

 

Buddha Standard Time

Buddha Standard Time

 

 

人生を劇的に変える〈ブッダの時間〉

人生を劇的に変える〈ブッダの時間〉

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約