しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

人間関係を改善する瞑想。まず自分を好きになる。「ブッダの時間」その9

f:id:englishforhappiness:20171009033741p:plain

今、世界的に注目されている「瞑想(meditation)」は、ストレスを低減し、集中力を
高めるのに効果的なことが知られていますが、それ以外にも、人の話に熱心に耳を
傾けたり、強い忍耐力、自制心、共感、寛容さを養うのに役立つと言います。その
結果、知性や感受性も豊かになって、人とのコミュニケーションや、関係が改善。
他人と共鳴し合うことで互いの関係がスムーズになり、対立や争いごとも減って、
時間とのつき合い方もより楽になると言うのです。アメリカ生まれのチベット
ラマ・スールヤ・ダスの言葉に耳を傾けてみましょう。

 

To discover our inner rhythm and open our hearts, our most precious timepiece,
we need to be willing first to make friends with ourselves and cultivate a gentle
and more accepting attitude. To practice compassion or loving-kindness meditation
(known as metta practice in the Buddhist wisdom tradition), begin generating generous,
well-wishing thoughts toward yourself, without trying to change or improve anything.
Make friends with yourself first, and realize a benevolent form of self-love, acceptance,
and joy. Then begin to spread those warm feelings of loving-kindness to others,
in ever-widening spirals of grace. This extended contentment greatly reduces
the wear and tear of inner conflict and stress upon minds and bodies.

自らの体内リズムを発見し、もっとも価値ある時計である心を開放するためには、
まず、進んで自分と親しんで、ものごとをおだやかに、ありのままの姿で受け
入れられるようにならなくてはなりません。思いやりや慈しみの瞑想(仏教では
メッタ、慈悲の瞑想と呼ぶ)を実践するには、自分を変えようとか、改善しようと
せずに、自分に対して寛容になり、自分を好きになることから始めます。まずは
自分と親しんで慈しみ、丸ごと受け容れ、自分に満足することのすばらしさに
気づきましょう。そして、その愛や慈しみの思いを、どこまでも続く優しさの
スパイラルで、他の人々にも広げます。広げられたその思いが、心的な葛藤からくる
消耗や心身のストレスを大幅に減らすのです。

 

This kind of mind training or attitude transformation can help us learn a great lesson
from our difficulties, instead of just trying to get past them, keep going, and survive.
We can turn our stumbling blocks into stepping-stones on the path of conscious growth
and inner development. Where would we be without our wounds; where would our power
of compassion, empathy, and understanding come from? In the course of time, we all
experience karma, or consequences of our actions; but even bad karma can help us
become more sensitive to the plight of others and contribute to their well-being.
At the very least, it can help us relate to the pain and suffering of others, which
strengthens our altruism and our humility.

心や、人生への姿勢を変えるこのような訓練は、困難な状況に陥ったときでも、その
状況を無理に克服しようとしたり、無視したり、ただ切り抜けようとしたりせずに、
逆にそこからいろいろ学ぶようにアドバイスしてくれます。困難を、心の成長や発達
のための踏み台にして、大きく飛躍するのです。もし、心がまったく痛まなかったら、
どうなるでしょう。同情、共感、理解といった力はどこから生まれるのでしょう。
時間の経過とともに、誰もがカルマ、すなわち自分の行動がもたらした結果を経験
します。しかし、悪い行ないでさえも、それによって他の人々の痛みや苦しみにより
敏感になるという点で、人々の幸福に寄与することができます。たとえ最悪のカルマ
でも、そのために他人の痛みや苦しみにかかわることになるわけで、その結果、他人を
愛する心が生まれ、謙虚な気持ちにつながっていきます。

 

Buddha Standard Time: Awakening to the Infinite Possibilities of Now

Buddha Standard Time: Awakening to the Infinite Possibilities of Now

 

  

人生を劇的に変える〈ブッダの時間〉

人生を劇的に変える〈ブッダの時間〉

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約