しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

仕事も遊びも。90分に一回、20分の休息が、自然のリズム。「ブッダの時間」その8

f:id:englishforhappiness:20171007002232p:plain

「人生を劇的に変える<ブッダの時間>」は、仏教の教えをベースにしながら、そこに
科学的考察を加えて、「時間」との最良のつき合い方を示唆してくれる本。著者は、
アメリカ生まれのチベット僧ラマ・スールヤ・ダスで、さすが、大勢のアメリカ人に
影響を与え納得させるだけの、具体例と説得力に満ちています。バイリンガルで、
どうぞ。

 

Another cycle that has gained a lot of contemporary attention is ultradian rhythms,
natural rhythms that run for about an hour and a half and are repeated throughout
the day. Ernest Lawrence Rossi, a scientist who has pioneered studies in this field,
says that we all need to take a break for about twenty minutes every hour and a half
whether we are working, studying, or playing to maintain optimal health, focus, and
satisfaction. During the resting phase of the cycle, we shift from left-brain to right-brain
activity. On break we are more associative, creative, and spontaneous. Many people
regularly interrupt their main activity, taking periodic coffee or snack breaks, short naps,
a walk, or a yoga or stretching session, or doing a crossword puzzle or brainteaser.
Afterward they feel rested and renewed, ready to assume their more focused, logical,
left-brain activity.

最近とみに注目を浴びているもうひとつの周期が、超日リズムと呼ばれるものです。
これは、およそ一時間半を周期として、一日を通してくり返される自然のリズムの
ことです。この研究分野の草分けである科学者、アーネスト・ローレンス・ロッシは、
健康、集中力、満足感を最適に保つには、仕事や勉強、それに遊びであっても、およそ
一時間半ごとに二十分の休息が必要だと言っています。休息しているあいだに、脳の
活動領域が左脳から右脳へ変わり、その結果、連想力、創造力、自発力が高まります。
実際多くの人が、一定の間隔で仕事や勉強を中断しては、コーヒーやスナック菓子で
一息入れ、仮眠や、散歩、ヨーガや、皆でストレッチをしたり、クロスワードパズルや
クイズをします。そうすることで疲れが取れ、気分もあらたに、論理的な左脳活動への
集中を再開させる準備が整うのです。

 

If we don’t take enough breaks during the day, stress and tension build up, and
we experience what Rossi calls Ultradian Stress Syndrome. USS can cause fatigue,
aches and pains, and loss of memory and alertness, ultimately leading to accidents
and illness. Keep this in mind when you are sitting at your desk or with your laptop
for hours at a stretch!

もし休息を充分に取れないと、ストレスと緊張が高まり、ロッシが超日リズムストレス
症候群(USS)と呼ぶ状態に陥ります。USSは、倦怠感。鈍痛、鋭通、記憶力や
注意力の低下を引きおこし、それが最終的には事故や病気につながります。とりわけ、
長時間デスクやコンピューターの前に座っているような人は要注意です。

 

Frequent breaks improve creativity and performance. From Leonardo da Vinci to
Thomas Edison, the great artists, scientists, and inventors have discovered that
after concentrated effort to solve a problem and repeated frustrations, taking a break
can lead to creative insight. New ideas often pop up all by themselves. During short
naps, dreams can point us in the right direction and result in eureka moments. Short
breaks also reduce human error, lessen compulsive drivenness, which is similar
to addictive behavior, and help us connect better with family, friends, and coworkers.

休息を頻繁に取ることで、創造力や効率が良くなります。レオナルド・ダ・ヴィンチ
からトーマス・エジソンに至るまで、偉大な芸術家、科学者、発明家は、集中して
問題を解いたあとや、イラつきを感じるときに一休みすると、それが創造的な洞察に
つながることを発見しています。新しいアイディアというのは、往々にしてぱっと
ひらめくものなのです。短い睡眠のあいだに、夢の暗示でふと問題が解けることも
あります。短い休息は、マンネリ化に似た症状である人為的ミスを減らし、やる気の
ない気分を一掃してくれますから、家族や友人や同僚との関係もまた改善されます。

 

Buddha Standard Time: Awakening to the Infinite Possibilities of Now

Buddha Standard Time: Awakening to the Infinite Possibilities of Now

 

  

人生を劇的に変える〈ブッダの時間〉

人生を劇的に変える〈ブッダの時間〉

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約