しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「アンガーマネジメント」に絶大な効果。マインドフルネスで、太陽光のように、母親のように、怒りや絶望を抱きしめる。

f:id:englishforhappiness:20170919053734p:plain

怒りや絶望などのネガティブな感情が心の中に湧き起ったとき、それを否定したり、
逃げたりするのは逆効果。呼吸によって生まれたマインドフルネス(気づき)の
エネルギーで、やさしく抱きしめてあげることが大切だと言います。禅僧ティク・
ナット・ハンのわかりやすい解説に耳を傾けてみましょう。

 

Mindfulness is like the sunlight. In the morning, the tulip is not yet open. The sun rises
and begins to shine on the tulip. Light is made of tiny particles called photons. When
the sunlight embraces the flower, the photons try to penetrate into the flower. If the sun
continues to shine for a few hours, there will be enough energy for the flower to open
her heart to the sun.

マインドフルネスは太陽光にたとえられます。朝早く、チューリップはまだ開いては
いません。太陽が昇り、チューリップを照らし始めます。光はフォトンと呼ばれる
微粒子からできています。太陽光が花を包むと、フォトンは花に入り込もうとします。
太陽が数時間照らせば充分なエネルギーが降り注ぎ、花は太陽にハートを開く
でしょう。

 

We let our mindfulness tenderly embrace our anger, like a mother embraces
her suffering baby. We say, “I’m here. Don’t worry, I’ll take care of you.” This is
our first mantra. As we continue to hold the suffering baby in our arms of tender
mindfulness, the energy of mindfulness begins to penetrate our affliction. It is like
when a mother suddenly hears her baby crying. She stops what she is doing,
picks up her baby, and holds him tenderly in her arms, without even knowing
what is wrong with him. The baby may find some relief and stop crying just through
being held tenderly.

マインドフルネスが怒りをやさしく包むのは、母親がむずかる赤ん坊を抱くのと
同じです。「ここにいるから、心配しないで。見守っているよ」、この言葉が第一の
呪文です。やさしいマインドフルネスの両腕の中に赤ん坊を抱いていると、その
エネルギーが苦しみに浸透しはじめます。わが子の泣き声を聞いたとたん、母親は
何があったのかわからなくてもすべてを放り出し、抱き上げます。すると赤ん坊は、
やさしく抱かれているだけで安心したからか、泣きやむのです。

 

When you generate the energy of mindfulness and embrace your anger, even though
the anger is still present, you find some relief. The second form of energy has begun
to penetrate into the first. If the mother continues to hold her child for a while, she is
able to see what is wrong with him. A mother is very skilled in this practice. With insight,
the mother can easily remedy the situation. If the baby is hungry, she gives him
some milk. If the baby has a fever, she gives him some aspirin with sugar. If his diaper
is too tight, she loosens it. Happiness and well-being are the results.

マインドフルネスのエネルギーを生み出し怒りを包みこめば、まだ怒りがそこに
あっても、あなたは安心できるでしょう。続いて違った性質のエネルギーが、最初の
エネルギーに注ぎこみます。母親がわが子を抱きつづけているうちに、わが子の苦しみ
の原因が見えてくるのです。わが子に対する母親の観察眼はとても鋭いものです。
洞察力によって、母はその場の状況を即座に改善することができます。赤ん坊のお腹が
空いていればミルクをあげ、熱が高ければ砂糖に解熱剤を混ぜて与えます。オムツが
きつければ、ゆるめてあげます。それが子どもの幸福と健康をもたらすのです。

 

いかがでしたか?マインドフルネスのエネルギーで怒りをやさしく抱きしめ、また
マインドフルネスによってもたらされた洞察力で、その怒りの原因を察知する。最初は
上手く行かなくても、これを繰り返すことによって、怒りはやわらぎ、コントロール
できるようになると言います。いわゆる「アンガーマネジメント」に、絶大な効果を
発揮するマインドフルネス。ぜひ、お試しください。

 

The Path of Emancipation

The Path of Emancipation

 

  

リトリート ブッダの瞑想の実践

リトリート ブッダの瞑想の実践

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約