しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

歳をとったら、人生を深く生きるマインドフルネスを。幸福への鍵は「集中力」

f:id:englishforhappiness:20170913040911p:plain

 

若い時には、若い時なりの。歳をとったら歳をとったなりの幸福になるコツが
あると言います。鍵は、マインドフルネスのエネルギーがもたらす集中力。禅僧
ティク・ナット・ハンの実践ドキュメント・ブック「リトリート ブッダの瞑想の
実践」から抜粋してご紹介します。

 

Old age also has its advantages. If older people are aware, they can be very happy,
because they realize how quickly life passes. They are mature and capable of savoring
each moment of their lives, wisely appreciating the positive elements within themselves.
They don’t run, but sit quietly and live each moment of their lives more deeply.

歳をとることにも、いい点があります。年配の人たちがそれを自覚すれば、とても
幸せになれるはずです。人生はあっという間だとわかるからです。彼らは、円熟した
境地で人生の一瞬一瞬をじっくり味わい、自分のすぐれた要素を適切に評価することも
できます。走らなくても静かに座って、人生の一瞬一瞬を深く生きられるのです。

 

When you are young, you are like a stream of water running from the top of the mountain
to its base. As you grow older, you become more like a river that flows peacefully and
reflects the blue sky and the earth. The young stream of water running from the top of
the mountain cannot do that. If older people are able to recognize the positive elements
in their lives, they, too, can be happy. We need mindfulness to recognize what is there,
and concentration to be with that element deeply. Concentration helps our happiness
to be born; it is the ground of happiness.

私たちの生きかたは、山の頂上からふもとへ走る川の流れのようです。歳をとるに
つれて、流れはゆったりとし、青い空と大地を映す川のように変化します。山の上から
走り下る若い流れには、これができません。年配の人たちが老年のすばらしい点を
認めることができれば、充分幸福になれます。物事をありのままにとらえるのには
マインドフルネスが必要です。そして、その事実を深く受け止めるためには、集中が
必要なのです。集中によって幸福は生まれます。これが幸福の基礎なのです。

 

If we know how to manage all twenty-four hours in a day, we realize that a day is
a long time. What makes it long is our concentration. Older people live in a more
concentrated way than the young, establishing themselves more in the present moment.
With mindfulness and concentration, older people can appreciate each moment that is
offered to them. Each moment of daily life can become a  story for their children and
grandchildren.

二十四時間の使いかたを心得ていれば、一日は充分すぎるほど長いことがわかる
でしょう。一日を長くさせるのは、集中力です。歳をとるほど、今ここに心を
とどめて、若者より集中した生きかたができます。マインドフルネスと集中によって、
年配者は与えられたその時々をよく味わえるのです。刻々と移りゆく日常が、彼らの
子や子孫に贈る物語になるのです。

 

This is possible. The Buddha did it. He didn’t leave behind a set of dogmas and theories;
he left behind his life. Every step he took was peaceful and solid. His compassion
penetrated not only the living beings of his time, but also of our time.

これはほんとうです。ブッダもそのように生きました。彼は教義や理論を残したわけ
ではありません。ブッダが伝えたのは彼の人生そのもの、安らいで安定した一歩一歩
でした。ブッダの慈悲は、その当時の人びとだけではなく、現代の生きとし生けるもの
すべてに行きわたっています。

 

The Path of Emancipation

The Path of Emancipation

 

 

 

リトリート ブッダの瞑想の実践

リトリート ブッダの瞑想の実践

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約