しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

心の中の「愛の種」に水を注ごう。幸せになる、マインドフルネス。「ブッダの<呼吸>の瞑想」その8

f:id:englishforhappiness:20170824053612j:plain

私たちの意識の奥深くには、気づき、理解、喜び、慈しみなど、様々な
愛の種」が埋もれていると言います。また、同時に、疑い、絶望、怒りなど
「苦しみの種」も埋もれており、真の幸せを得るためには、日頃から、
マインドフルネスのエネルギーを使って「愛の種」に水を注ぐことが大切。
禅僧ティク・ナット・ハンの解説に耳を傾けてみましょう。

 

“Breathing in, I make my mind happy. Breathing out, I make my mind happy.”

「息を吸いながら、心を幸福で満たす。息を吐きながら、心を幸福で満たす」

 

We might think that we cannot love because we have not been able to touch
the seed of love within us. Through our practice, and with the support of a brother or
a sister, we are able to touch our seeds of love, forgiveness, compassion, and joy.
Some people say, “I don’t know what joy is. I have absolutely no joy within me.”
That is because that person has not been able to touch the seed of joy
within himself. The practice is to touch it and recognize it. This is
the practice of cultivating joy.

心のなかの愛の種に触れたことがないから、愛することなどできそうにないという
人もいるでしょう。瞑想を通して、また仲間の支えがあれば、愛や許し、慈しみや
喜びの種に触れることができるようになります。「知りませんよ、喜びなんて。
私のなかには、喜びのかけらもないのです」という人もいます。きっとその人は、
心のなかの喜びの種に触れる機会を持てなかったのです。その種に触れ、
受け入れるのがこの瞑想です。これは喜びを育てる瞑想なのです。

 

We need to organize our daily lives so that the positive seeds are watered every day
and the negative seeds are not watered. We all have seeds of suspicion, despair,
and anger. In one person, they are stronger; in another person, they are weaker.
We do not want the people who live around us to water our negative seeds.
Every time a negative seed is touched and watered, we suffer.

健全な種に水をやり、苦しみの種には水を注がないように、生活を整える必要が
あります。疑い、絶望、怒りなどは、だれもが持っている種です。人によって、
それがより強いかそうでないのかの違いがあるだけで。他のだれからも苦しみの種に
水を注がれたくはありませんね。水を注がれるたびに苦しくなるのですから。

 

But we can do better than simply not watering our negative seeds; we can water
our positive seeds of happiness, loving kindness, forgiveness, and joy. We call this
the practice of selective watering. We water the flowers, not the weeds, so that
the flowers will bloom in the other person. When we make the other person smile,
we benefit as well. It does not take long to see the result of our practice.

苦しみの種への水やりを止めたら、さらに進んで、幸せ、慈しみ、許し、喜びなどの
健全な種に水を与えましょう。私はこれを「選択的な水やり」の実践と呼んでいます。
雑草ではなく花に水を注ぐ、そうすれば他の人たちの心にも花が咲きます。水をやる
ことでだれかの微笑みを見ることができれば、その幸せは自分に返ってきます。
瞑想の結果は思ったより早く現れるのです。

 

 

Breathe, You Are Alive!: The Sutra on the Full Awareness of Breathing: Easyread Large Edition

Breathe, You Are Alive!: The Sutra on the Full Awareness of Breathing: Easyread Large Edition

 

 

 

ブッダの〈呼吸〉の瞑想

ブッダの〈呼吸〉の瞑想

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約