しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

マインドフルネスの基本第2ステップ。全身を意識する。「ブッダの<呼吸>の瞑想」その4

f:id:englishforhappiness:20170816060440p:plain

呼吸を意識的に行なう、マインドフルネスの基本をクリアしたら、次は、全身に
その「気づき」を拡げるステップへ。自分本来の体をとり戻し、毎日の
コンディションを最高のものにするためのやり方を、ご紹介します。

 

Breathing in, I am aware of my whole body. Breathing out, I am aware of
my whole body

息を吸いながら、全身に気づく。息を吐きながら、全身に気づく。

 

Our breathing is part of our body. Our breath is the door through which we can
go back to our body, our perceptions, and so on. With the energy of mindfulness,
we embrace our breathing, our in-breath and our out-breath. We become one
with our in-breath and our out-breath. As our practice continues, our in-breath
and our out-breath become deeper, more harmonious, more peaceful.

呼吸は身体の一部です。呼吸という扉をくぐれば、身体や知覚へと帰ることが
できます。気づきのエネルギーによって、吸って吐いている呼吸をまるごと
抱擁しましょう。吸う息、吐く息とひとつになってください。瞑想を続けていけば、
出入息ともに深く、調和して、穏やかになっていきます。

 

Then we go a bit deeper and embrace our body and reconcile ourselves
with our body. We might do this in a sitting position or lying down.
It is very important to go back to our body and show our concern, attention,
and love. Our body might be suffering. It might have been abandoned
for a long time. This is the beginning of the practice of love.

続いてさらに瞑想を深め、自分の体を受け入れそれと和解していきましょう。
坐っても横になっていてもかまいません。ここでは身体に帰り、思いやりと
気遣いと愛を示すことが何より大切です。体は苦しんでいることでしょう。
長いこと放っておかれたのかもしれません。これは慈愛を実践するための第一歩です。

 

We become aware of our body; we are determined to take good care of our body.
And our body will feel much better when we’re able to do so. Sabbakaya means
the whole body. During our in-breath we become aware of our body as a whole.
We embrace our body in its entirety. The object of our mindfulness is no longer
our in-breath alone. It now includes our body. We embrace our body tenderly
during our in-breath and out-breath with the intention to reconcile ourselves with it,
to take care of it, and to show our concern and loving kindness.

身体に気づきを向け、この体を本当に大切にしていこうと心に決めてください。
そうすれば、体もそれに応えてずいぶん楽になっていくはずです。全身を表わす
「サッバカーヤ」という言葉があります。息を吸っているあいだ、全身にくまなく
気づきを向けましょう。あるがままの自分の体のすべてを抱擁してください。
すでに気づきの対象は呼吸だけではなく、全身そのものです。吸っているときも、
吐いているときも、やそしく自分の体を抱擁します。もう一度体と親しみ、
大切にし、思いやりと慈しみを表わす気持ちで。

 

You may want to modify the language a little, but the content of the practice is the same;
“Breathing in, I am aware of my body. Breathing out, I smile to my body.” This is a smile
of awareness, a smile that shows your concern and loving kindness.

唱えるフレーズに多少手を加えてもかまいません。しかし瞑想の内容は同じです。
「息を吸いながら、この体に気づく。息を吐きながら、この体に微笑む」。こうして
思いやりと慈愛とを表わす気づきの微笑みを向けましょう。

 

 

Breathe, You Are Alive!: The Sutra on the Full Awareness of Breathing: Easyread Large Edition

Breathe, You Are Alive!: The Sutra on the Full Awareness of Breathing: Easyread Large Edition

 

 

ブッダの〈呼吸〉の瞑想

ブッダの〈呼吸〉の瞑想

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約