しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

No grudge over Hiroshima things(ヒロシマのことは、もう恨まない)

f:id:englishforhappiness:20170806061110j:plain
-
今日は、広島原爆投下から72年。わが家にとって特別な日にあたるので、特別寄稿
いたします。バイリンガルにてお届けいたしますので、ご一読いただければ幸いです。

My father experienced a narrow escape from Death, concretely from atomic bombing
in Hiroshima and he was a man of fury and had a complicated grudge over so many
things. But my mother was always a woman of compassion, so they would get together
well eventually.  I, myself, had never been in Hiroshima since I took a visit there
in 2003. I walked around Hiroshima city and took some pictures of my father’s
elementary school,the place where his house had been, and the Romen-densha or
street trains.Then I made a picture book and send it to my father. Yes, now you know
the objective of those practices.

 

 It was a kind of pilgrimage to soothe the raging soul of my father.

 

  Now my father is hospitalized because of cerebral infarction and slightly suffering
from dementia. My mother and I take a visit to him in the hospital every week.
He always says to us,” I want to see Kieko badly.”

 

Kieko is my mother’s name.

 

They say that the memory of a patient who has dementia goes back to the most
beautiful period. So in most of the cases, the man who is suffering from dementia
has tendency to cry and say ,” Mom! Mom!” But my father is different. He is calling 
the name of his wife again and again. I have finally realized that he was NOT
a man of fury.

 

His soul self is a man of LOVE. But Hiroshima changed him completely.

 

Honestly saying, I, myself, have got over a long-standing grudge over Hiroshima things
and have to add that the visit to Hiroshima by the ex-president Obama made
some contribution to that.

私の父は、九死に一生を得る体験の持ち主です。どういうことかと言うと、広島に
投下された原爆を寸前のところで回避したのです。そしてとても怒りっぽい人になり、
さまざまなことに恨みを抱いて生きてきました。ところが私の母がつねに情け深い
女性で、なんだかんだ言って、二人は上手くいっている夫婦だったのです。私自身は
2003年に訪れるまで、広島に行ったことはありませんでした。広島の街を歩き、
何枚か写真を撮りました。父の通った小学校、自宅のあった場所、そして路面電車
私は、それらをフォトアルバムにして父に送りました。そう、もうおわかりだと
思います。

 

私の一連の行為は、荒ぶる父の魂を鎮めるための、いわば巡礼の旅だったのです。

 

現在、父は脳梗塞を患って入院しており、少し認知症になっています。母と私は
毎週、病院へ面会に行っていますが、父はいつもこう言うのです。「すごく喜恵子に
会いたい」

 

喜恵子とは、私の母の名前です。

 

聞くところによると、認知症を発症した患者の記憶は、自分の一番美しい思い出に
戻るのだそうです。なので、たいていの場合、男性患者は傾向として、「お母さん!
お母さん!」と泣くそうですが、父は自分の妻の名前を何度も何度も呼ぶのです。
私はそのとき初めて、父は「怒りっぽい人」などではなかったのだと知らされました。

 

父は、その魂の根っこでは「愛にあふれた人」だったのに、ヒロシマが彼のすべてを
変えてしまったのでした。

 

正直に言って、私自身は、長年抱いていたヒロシマへの恨みは克服しました。
それには、オバマ・アメリカ前大統領の広島訪問が少なからず寄与したことを
付け加えておきます。