しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

ダイエットの大敵=夜食を減らす、マインドフルネスの6つのヒント。「味わう生き方」その4。

f:id:englishforhappiness:20170729063455p:plain

夜寝る前にテレビを観ながら、ポテトチップスを袋ごとむしゃむしゃ食べて
しまうなど、夜食は減量の妨げになる最大の要因のひとつ。マインドフルネスと
栄養学の観点から、ティク・ナット・ハンとリリアン・チェンが、夜食をセーブ
するのに有効な6つのヒントを語っています。

 

FIND SOMETHING ELSE TO DO WITH YOUR HANDS. Knit, make a scrapbook,
read a book out loud to your children, play chess――do something to keep your hands
busy and your mind engaged so that you will be less tempted to turn to food.

手を忙しくする 編み物、新聞の切り抜き、子どもに本を読み聞かせる、チェスを
するなど何かで手を忙しくする。何かに集中し、食べ物に走る誘惑を減らす。

 

TURN OFF THE TELEVISION. As we will discuss, people tend to eat mindlessly
when they watch television, and they tend to eat what they see in the commercials
 ――mostly unhealthy snacks. Turning off the television and finding another nighttime
activity can help break the “eat-and-watch” habit.

テレビを消す テレビを観ると無意識に食べてしまったり、CMで見たものを
食べたくなる。テレビを消し、他のことをして、「食べながら観る」習慣を打ち破る。

 

BE AWARE OF WHERE YOU WORK. Checking your e-mail at the kitchen table
after dinner can mean that you are too close to tempting snacks. Move to a different
room. If you must work in the kitchen, keep the most tempting foods out of sight.

仕事をする場所に注意 台所の食卓でのメールのチェックは、スナックへの誘惑に
過剰接近するので別の部屋が無難。台所で仕事をするなら、誘惑される食べ物を
視界の外に置くこと。

 

REDUCE YOUR STRESS. There’s evidence that stress may trigger night eating
syndrome and that lowering stress may help curb it; night eaters in a small one-week
study who listened to a nightly twenty-minute muscle-relaxation tape before going
to sleep reported less nighttime hunger and eating and lower stress, than night eaters
who did not de-stress. This is a good time to try out the meditation offered throughout
this book and on the companion Web site for this book. Or try some other relaxing
activities, such as listening to soft music, reading a book, or taking a bath.

ストレスを減らす 夜は、本書のあちこちで紹介する瞑想を実施する絶好の時間帯。
気分がよくなる静かな音楽を聞く、読書、入浴などでリラックスに努める。夜食の習慣
がある人で、就寝前に20分間、筋肉の緊張を取る音楽を聞いたグループは、
聞かなかったグループより夜間の空腹感と夜食が減り、またストレスが低減した
という研究がある。

 

GO TO SLEEP EARLIER. As we discussed in chapter 1, people who get less sleep
tend to weigh more than people who get a good night’s rest, and one reason may simply
be that staying up later gives people more hours in the day to eat. Getting enough sleep
may also help curb hunger during the day.

早く寝る 睡眠時間が少ないほど体重が重い傾向あり。遅くまで起きていると
食べる機会が増加する。また、よく眠ると日中の空腹感の抑制に役立つ。

 

IF YOU DO SNACK IN THE EVENING, CHOOSE
FRESH FRUITS AND VEGETABLES.
If you mindfully decide to answer
your body’s call for nighttime munchies, do it with fresh vegetables or fruits.
They come packed with fiber, they fill you up quickly, and most don’t have
that many calories.

夜食には新鮮な野菜と果物を 夜、お腹が空いたという体の叫びを聞き、我慢
できない時は、新鮮な野菜か果物を食べる。食物繊維が豊富なので、すぐに腹を
満たし、そのわりにはカロリーが低い。

 

Savor: Mindful Eating, Mindful Life

Savor: Mindful Eating, Mindful Life

 

 

味わう生き方

味わう生き方

 

  

 

Savor: Mindful Eating, Mindful Life

Savor: Mindful Eating, Mindful Life

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約