しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「自分を苦しめている相手」への見方が劇的に変わる、マインドフルネス。「和解」その10。

f:id:englishforhappiness:20170717062343p:plain

誰かが自分を苦しめていると感じるとき。実は、その大半が、あなた自身の誤った
思い込みによるものであると言います。マインドフルネスの伝道師ティク・ナット
・ハンの言葉に耳を傾けてみましょう。

 

Because we are often caught in the images of our past suffering, we easily develop
wrong perceptions and react to others in a way that brings about more suffering.
Suppose we’re angry with someone because we believe this person tried to make us
suffer. That’s our perception. We believe the other person’s intention is to make us
suffer and make our life miserable. That perception brings about anger and the kind of
actions that will lead to more suffering for all involved.

人は過去の苦しみの幻影にとらわれて誤った「ものの見方(想、認知)」をし、さらに
苦しみを生むようなやり方で反応してしまうことがあります。相手がこういうことを
するのは、自分を苦しめようとしているからだと考え、相手に腹を立てる。それは自分
の見方、思い込みです。相手は自分を苦しめ、人生をみじめにするつもりなんだ、
そうした思い込みが怒りを生み出し、関わる人すべてをさらに苦しめる行動に導き
ます。

 

Instead of lashing out, we can use mindful breathing and walking to generate
our awareness and insight. We can breathe in and out and see that there is suffering
in us and there are wrong perceptions in us. We see that there is suffering in the other
person and wrong perceptions in him. We have reached some level of awareness,
but the other person may not have because he doesn’t know how to recognize and
handle his suffering and get out of his current situation. He suffers, he makes himself
and the people around him suffer.

しかし、私たちは暴言を吐く代わりに、気づきと洞察が生まれるようにマインドフルに
呼吸し、歩むことができます。マインドフルな呼吸を続けていると、次第に自分の中に
ある苦しみと誤った思い込みに気づいていきます。相手の中にも、苦しみと誤った
思い込みがあることが見えます。ただ、こちらはある程度、理解に達しても、相手は
そうはなりません。内なる苦しみを認め、扱う方法を知らないからです。

 

As soon as we see this, we have another way of looking at him. We see the suffering
in him and we can see that he doesn’t know how to handle his suffering. When we’re
able to see the suffering in him and see his situation, compassion arises. When
compassion arises, anger is transformed. We will not act in the direction of punishment,
because we have no more anger.

そうとわかれば、ただちに相手に対する見方が変わります。その人の苦しみと状況が
わかり、思いやりの気持ちがわいてきます。怒りはおのずと変容し、やり返したり
罰したりするような行動には向かいません。

 

This is the intervention of insight. We can be saved by our insight because it helps us
to correct our wrong perceptions. When wrong perceptions are no longer there, anger,
fear, and despair are no longer there. Instead we have compassion and willingness
to help.

これが洞察、智慧の介在です。洞察は誤った思い込みを正す力となり、それによって
私たちは救われます。誤った思い込みがなくなれば怒り、恐怖、絶望もまた消え、
代わりに慈悲と「助けたい」という自発的な意欲が生まれてきます。

 

Volition is the basis of all our actions. When we have wrong perceptions, our volition
motivates us to react in ways that create more suffering. With insight, our volition
becomes good volition. We are motivated by the desire to help, and not to punish.
When we’re motivated like that, we feel much better already, even when we haven’t
done anything yet.

意欲はあらゆる行動の基盤です。誤った思い込みは、さらに苦しみを生み出すような
やり方で反応するように動機づけます。しかし、洞察があれば、意欲は「よき意欲」
となり、「助けたい」という願いから動くようになります。そこまでくれば、まだ
何をしたわけでもなくても、もうずいぶん気分がよくなっているものです。

 

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

 

  

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約