しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

マインドフルネスで、あなたの内なる傷ついた子どもを癒す。その具体例。「和解」その9。

f:id:englishforhappiness:20170715054542j:plain

私たちは、かつて、とてももろく傷つきやすい子どもでした。その子どもは
あなたの心の中に今も存在しており、本当に幸せになるためには、なるべく早急に、
その子が心に負った傷、つまりあなた自身のトラウマを癒す必要があると言います。
マインドフルネスの伝道師ティク・ナット・ハンの言葉に耳を傾けてみましょう。

 

This meditation can be done while either sitting or walking. It’s important to find
a quiet place, a place where you can be comfortable and relaxed and uninterrupted
for at least five minutes. As you breathe in and out, you can say these words
to yourself. “Breathing in, I see myself as a five-year-old child. Breathing out,
I smile with compassion to the five-year-old child in me.
” At first you may want to say
the whole sentence, then you may just want to use the key word; “Myself five years old.
Smiling with compassion.

この瞑想は座りながらでも、歩きながらでもできます。少なくとも五分間は邪魔
されることなく、心地よくくつろいでいられる静かな場所を見つけることが大切です。
息を吸って吐いて、こんなふうに自分に語りかけます。「息を吸い、自分を五つの子
として見る。息を吐き、内なる五つの子に優しく微笑む。」最初はこのように文章全体
を言い、そのうち次のように鍵となる言葉だけを使うようにしてもいいでしょう。
「五つの子。優しく微笑む。」

 

The five-year-old child within needs a lot of compassion and attention. It would be nice
if every day we would find a few minutes to sit down and practice this meditation.
It would be very healing and very comforting, because the five-year-old child in us is
still alive and needs to be taken care of. With acknowledge and communication,
we can see that child responding to us and she or he begins feeling better.
If she feels better, we feel better also and we start to feel great freedom.

内なる五つの子どもは、思いやりと注目をたっぷり必要としています。毎日、数分
でも座ってこの瞑想を実践する時間を見つけられるとよいでしょう。たいそう癒され、
慰められ、心地よく感じます。それはその子があなたの中でまだ生きていて世話される
ことを必要としているからです。存在を認めてコミュニケーションを取ると、その子が
確かに反応し、気分がよくなっていくのがわかります。その子の気分がよくなれば、
私たちも気分がよくなり、大きな自由を感じ始めます。

 

To take good care of ourselves, we must go back and take care of the wounded child
inside of us. You have to practice going back to your wounded child every day.
You have to embrace him or her tenderly, like a big brother or a big sister. We must
listen to the wounded child inside of us. The wounded child in us is here in the present
moment. And we can heal him or her right now.

自分を大切にするには、まず内なる子どものところに戻り、大切にすることです。
毎日、傷ついた子のところに帰る実践をしてください。兄が妹にするように、優しく
抱きしめます。そして、その子の声に耳を傾けなくてはなりません。その子は過去では
なく、今ここにおり、私たちがそうしようと思えば、ただちに癒してあげられます。

 

“My dear little wounded child, I’m here for you, ready to listen to you. Please tell me
all your suffering, all your pain. I’m here, really listening.” We have to embrace that child
and, if necessary, we have to cry together with that child, perhaps while we are doing
sitting meditation. We can go into the forest and do that. And if you know how to go
back to her, to him, and listen like that every day for five or ten minutes, healing will
take place.

「小さなかわいい傷ついた子、あなたのために私はここにいるよ。話を聴く準備は
できているよ。苦しいこと、つらいこと、なんでも話してね。本当に心から聴きながら
ここにいるから」その子を抱きしめ、必要があれば一緒に涙を流します。座る瞑想を
しながら取り組んでもよいでしょう。森に行ってもいいでしょう。毎日、その子の
ところへ戻って十分でも耳を傾ける方法がわかれば、癒しは起こります。

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

  

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約