しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「つらい」と感じるとき、最も効果的なマインドフルネスとは?あなたの内なる子どもを癒す。「和解」その6。

f:id:englishforhappiness:20170709034334j:plain

脳の疲れを減らし、集中力を高めるノウハウとして大流行しているマインド
フルネスは、もともと、呼吸を意識することで今ここにいる自分に立ち返る、
仏教のプラクティス(実践)。その効果は、「つらい」と感じるときにも
発揮されると言います。禅僧ティク・ナット・ハンの解説に耳を傾けて
みましょう。

 

Each of us has a certain amount of illness in our body or in our mind.
The best way to heal is to begin by stopping everything and being totally
with the present. This lets our body, our mind, heal itself.

誰しも体や心にある程度、調子のよくない部分を抱えています。最もよい
癒しの方法は、一切を止めて、完全に今この瞬間にあることから始めることです。
それによって体も心も自然に治癒していきます。

 

When we pay attention to our breathing, our in-breath and out-breath become
peaceful and relaxed. When we walk with attention and we just walk without thinking
or being carried away by anything, we already begin to heal. When our mind is
carried away by strong pain, it helps to go back to our relaxed and peaceful
in-breath and out-breath. Eventually, when our painful feeling comes back,
we accept it as it is instead of letting it carry us away and make us more agitated.

呼吸に意識を向けていると、入ってくる息も出ていく息も安らかにくつろいだ
ものになっていきます。歩みに意識を向けて、思考にも何ものにもとらわれる
ことなく、ただ歩んでいれば、おのずと癒しが起き始めます。あまりにもつらく
今ここから心が離れそうになっても、歩く瞑想をしていると、くつろいだ安らかな
呼吸に立ち返らせてくれます。結果的につらい感覚がよみがえってきても、
とらわれ、かき立てられることなく、そのまま受容できます。

 

We don’t fight the painful feeling because we know it is part of us, and we don’t want
to fight ourselves. Pain, irritation, and jealousy are all part of us. As they arise,
we can calm them by going back to our in-breath and out-breath. Our peaceful breathing
will calm those strong emotions.

「つらい感覚をどうにかしよう」と戦わないのは、それが自分の一部だとわかって
いるからです。自分と戦いたい人などいません。つらさもイライラする気持ちも嫉妬も
みな、自分の一部です。そうした激しい感情がわき上がってきたときこそ、吸う息と
吐く息に立ち戻りましょう。安らぎに満ちた呼吸が優しく静めてくれます。

 

When an emotion becomes calmer, we can see the roots of our suffering and see that
those who cause us pain are also suffering. Usually when we suffer we think we’re
the only person who suffers, and that the other person is very happy. But in fact,
it’s likely that the person who hurts us also has a lot of pain and doesn’t know
how to handle his strong emotions. Breathing with awareness, we generate
our energy of mindfulness, and we can have insight into how to handle our suffering
and that of the other with compassion.

感覚が静まると、苦しみの根本原因が見えてきます。苦しみを引き起こした人たちも
実は苦しんでいることが見えてきます。人は傷つくと、苦しんでいるのは自分だけで、
相手は幸せなのだと思いがちです。しかし実は、往々にして傷つけた側もまた心に
大きな苦痛を抱え、その強烈な感情をどうしたらいいのかわからずにいるものです。
気づきを向けながら呼吸を続けましょう。マインドフルネスのエネルギーが生まれ、
自分の苦しみにどう対処するか、またどう慈悲深く相手の苦しみに対処すればよいかが
洞察できます。

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

 

 

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約