しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

あなたの内にいる傷ついた子どもを癒す。「和解」その1。マインドフルネスの仕組み。

f:id:englishforhappiness:20170629061049j:plain

私たちは誰でも小さいときにつらい思いをしたことがあり、成長した後でも、
苦しんでいる子どもが、ひとりひとりの心の奥底にそのまま存在していると
言います。禅僧ティク・ナット・ハンによれば、私たちが本当に幸せになる
ためには、この内なる子ども(the child within)を癒すことが重要で、
そのために最も有効なエネルギーが、マインドフルネスだと言うのです。
彼の著書「和解」の内容を、まず、マインドフルネスの仕組みを解説した章
からご紹介していきます。

 

Buddhist psychology divides consciousness into two parts. One part is mind
consciousness and the other is store consciousness.

仏教哲学では、心には「意識」と呼ばれる表層部分と、「蔵識(阿頼耶識
あらやしき)」と呼ばれる深層部分があるとしています。

 

Consciousness is like a house in which the basement is our store consciousness
and the living room is our mind consciousness.

心と家はよく似ています。蔵識(無意識)が地下室、意識(顕在意識)が
リビングルームです。

 

この蔵識=地下室には、怒り、悲しみ、喜びといった様々な心の働きが、
種子の形で眠っていると言います。これらの種子が何かのきっかけで触れられると
成長し、意識=リビングルームまで上がってきて姿を現わす。すなわち、「心の
形成物」と呼ばれるものになり、もう種子ではなくなるとされています。
ティク・ナット・ハンの解説は、さらに続きます。

 

Whenever a seed, say the seed of anger, comes up into our living room and
manifests as a mental formation, the first thing we can do is to touch the seed
of mindfulness and invite it come up too. Now we have two mental formations
in the living room. This is mindfulness of anger.

種子が上がってきて、心の形成物となってリビングルームに現れるたびに――
たとえば、怒りの種が現れるたびに、まず私たちにできることは、マインドフルネス
の種に触れて、マインドフルネスのエネルギーもリビングルームに上がってくるように
招待することです。すると、リビングルームに二つの心の形成物が現れます。怒りは
そのままありながら、その怒りに気づいている、つまり怒りに対してマインドフルで
あるという状態です。

 

Anger is not an enemy. Both mindfulness and anger are ourselves. Mindfulness is
there not to suppress or fight against anger, but to recognize and take care.
It’s like a big brother helping a younger brother. So the energy of anger is recognized
and embraced tenderly by the energy of mindfulness.

怒りは敵ではなく、マインドフルネスのエネルギーと同じように私たち自身です。
マインドフルネスのエネルギーがリビングルームに現れるのは、怒りをなくそうと
格闘したり、抑圧したりするためではありません。兄が幼い弟の世話をするように、
怒りの存在をそのまま認め、優しく抱擁するためです。

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

  

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約