しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

テロリズムを真に解決するコミュニケーションとは。平和実現のためのマインドフルネス。

f:id:englishforhappiness:20170416002601p:plain

今、世界の最も大きな問題である、テロリズムは、もともと「terror(恐怖)」
から来た言葉です。2012年に原書が発表され、2015年には日本語版が出版された
「怖れ(FEAR)」の著者ティク・ナット・ハンは、現代に蔓延する「怖れの文化」
を乗り越えるには、まず、各人が心にある怖れを認め、無視せず、敵対もしない
ことだと説いています。マインドフルな呼吸とともに、深く見つめ、怖れの本当の
顔を見ることが大切だと言うのです。かつてベトナム戦争終結に多大な貢献をし、
ノーベル平和賞の候補にもなった彼の言葉に耳を傾けてみましょう。

 

Any of us could be victims of violence and terrorism. No country is immune.
It’s so clear that police, armed force, and even massive firepower can’t guarantee
us real safety.

だれもが暴力やテロリズムの犠牲者になる可能性があります。そうした心配が皆無の国はありません。警察、武力、大量の兵器でさえも、真の安全を保障してはくれません。

 

Maybe the first thing we have to do is to say, “Dear friend, I am aware that you
want to live in safety. I too want to live in safety, so why don’t we work together? ”
This is a very simple thing for us to do -yet we don’t do it.

こんなときにまず相手に伝えるべきことは、「友よ、あなたは安心して暮らしたいと
思っているでしょう?わたしも同じ気持ちです。それなら協力し合いませんか?」と
いうことでしょう。とてもシンプルなことなのですが、まだ実行されてはいません。

 

Communication is the practice. We live in a time when there are so many
sophisticated means for communication-e-mail, cell phones, text, Twitter,
Facebook-yet it is very difficult for individuals, groups, and nations
to communicate with each other.

コミュニケーションは実践です。Eメール、携帯電話、携帯メール、
ツイッターフェイスブック-現代では非常に多くのコミュニケーションの
手段が存在しますが、個人、グループ、国どうしのコミニケーションは困難を
極めています。

 

We can’t seem to use our words to speak, so we end up using bombs instead.
When we arrive at the point where we can’t communicate with words and
we have to use guns, we have succumbed to despair.

自分の心から出た言葉で話すことができず、最終的には爆弾で解決しようとする
こともあります。自分の言葉でコミュニケーションをはかることができなくなった
ときに、銃を使い、絶望に身を任せてしまうのです。

 

We have to learn how to communicate. If we can show a group we are in conflict
with that they have nothing to be afraid of, then we can begin to trust each other.

私たちはコミュニケーションのしかたを身に着けなければなりません。敵対している
人びとに対して、何も怖れる必要がないことをはっきり示すことができれば、
そこから相互信頼が始まります。

 

It’s time to contemplate and find a better way to bring peace to ourselves and
the world. Only with the practice of deep listening and gentle communication
can we help remove wrong perceptions that are at the foundation of fear, hatred,
and violence. You cannot remove wrong perceptions with a gun.

今こそ、自分自身と世界の平和実現について、深く考え、より良い打開策を
見出すときです。深く聴き、やさしいコミュニケーションを実践することだけが、
怖れ、憎悪、暴力を作り出す誤ったものの見方を取り去ってくれます。見方の
誤りは、銃によっては変えられないのです。

 

Fear: Essential Wisdom for Getting Through the Storm

Fear: Essential Wisdom for Getting Through the Storm

 

 

  

怖れ~心の嵐を乗り越える深い智慧~

怖れ~心の嵐を乗り越える深い智慧~

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約