しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

愛とはけっして後悔しないこと。Love means never having to say I’m sorry.

f:id:englishforhappiness:20170331003140j:plain

 

日本に原爆を投下したアメリカが、なぜ”I’m sorry.”と言わないのか?
これは、私の長年の疑問であり、不満でした。確かに、オバマ前大統領は、
昨年広島を訪れて、現役大統領としてできる精一杯の誠意を示したとは
思いますが、なぜ”I’m sorry.”の一言が言えなかったのか。むずかしい
政治の話は正直よくわかりませんが、往年の名作映画「ある愛の詩」を
見直して、そして、最近読んだ新書「話すための英語力」の中の、
ある一節に遭遇して、少し、モヤモヤしていたものが解消しました。
映画のほうは、実際に観ていただくのが一番だと思います。公開当時、
宣伝にも使われた名フレーズ、

 

Love means never having to say I’m sorry.

愛とはけっして後悔しないこと

 

の意味するところを感じていただき、さらに、以下の引用を
参考にしていただければ幸いです。

 

鳥飼玖美子著「話すための英語力」より

-I’m sorry法は、事故を起こした直後に謝るのは人間の自然の感情なので、
交通事故の現場で謝っても、その言葉を、非を認めた証拠にしない、法的責任
を認めたとは解釈しない、という法律です。(中略)事故を起こしたら謝ってよい、
とはなったけれど、余計なことは言わず、とっさの一言だけで済ませるのが、
アメリカでの新しい流れのようですが、これは、日本社会における「謝罪と反省」を
強く求める文化とは相当な距離があります。

 

訴訟社会であるアメリカでは、裁判などにおいて“I’m sorry.”を言ったことが
「非を認めた」ことと解釈されてしまっていたのですが、1987年のI’m sorry法で
少し変わってきているようです。最後に、仏教的立場では、”I’m sorry.”と言うことの
意味をどう捉えるか、英語で解説したサイトがあったので、ご紹介しておきます。

 

http://tinybuddha.com/blog/power-apologizing-saying-sorry-important

 

ある愛の詩 [Blu-ray]

ある愛の詩 [Blu-ray]

 

 

 

話すための英語力 (講談社現代新書)

話すための英語力 (講談社現代新書)

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約