しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「歩く瞑想」の魔法の言葉 ”I have arrived.” 。一歩ごとに、いのちの目的地へ。

f:id:englishforhappiness:20170215063601p:plain

「歩く瞑想(Walking Meditation)」の鍵は、どこかにたどり着くために
歩かないこと。一歩ごとに、一瞬ごとに「到着」している、それが
「歩く瞑想」だと、マインドフルネスの伝道師ティク・ナット・ハン
は説いています。

 

We arrive at the destination of life. The present moment is a destination.

その瞬間がいのちの目的地です。今このときこそが目的地なのです。

 

Breathing in, I make a step and another step and I tell myself,
 ”I have arrived. I have arrived.”

呼吸をしながら、一歩そしてまた一歩と進み、「ここに着いた、ここに着いた」
と心で唱えましょう。

 

This is not a statement to yourself or another person. ”I have arrived.” means
I stopped running, I have arrived in the present moment, because only
the present moment contains life.

これは、たんなる自分や他の人への話しかけではありません。「着いた」と
いうのは、いのちが存在するのはこの一瞬以外にはないから、私は走ることを
やめた、私は今ここに到着した、という意味でそう言うのです。

 

「走ることをやめる」のは、とても大切な実践。生まれてからずっと走り続け、
安らぎ、幸せ、成功などが見つかるのは、いつかどこか別の場所、別のときだと
思い込んできた私たちにとって、実は、

 

This is the address of life-the intersection of here and now.

今とここの交差点こそ、いのちの住所なのです。

 

一瞬ごとに、幸せの場所に到着する「歩く瞑想」。私たちの本来の家は、
今この瞬間にある。そこに深く入り込めば、後悔や悲しみは消え去り、
いのちの素晴らしさのすべてを見つけることができる、魔法の言葉
”I have arrived.” 。毎日できるマインドフルネスの実践のひとつとして、
ご紹介しました。

 

Happiness: Essential Mindfulness Practices

Happiness: Essential Mindfulness Practices

 

 

ブッダの幸せの瞑想【第二版】

ブッダの幸せの瞑想【第二版】

 

 

 

Happiness: Essential Mindfulness Practices

Happiness: Essential Mindfulness Practices

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約