読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「何もしないこと」を楽しむ。坐る瞑想とマインドフルネス。

f:id:englishforhappiness:20170211082803p:plain

禅僧ティク・ナット・ハンによれば、誰もが「いつでも何かをしていなければ
ならない」という習慣のエネルギー(習気じっけ)を持っている、と言います。
ですから、ただ座って何もしないでいる瞑想 (sitting meditation) は、すでに
ある種のスキル。

 

While sitting, begin by following your in-breath and out-breath. Whenever
a feeling comes up, recognize it. Whenever a thought arises, identify it and
recognize it.

坐ったら、吸う息と吐く息をたどることから始めます。感情が湧き起こってきたら、
それを認めます。思考が生じたら、それを確認し、受け入れます。

 

You can learn a lot from observing what’s going on in your body and mind during
the sitting meditation. Most of all, sitting is a chance for you to do nothing. You
have nothing at all to do, just enjoy sitting and breathing in and out.

坐る瞑想をしながら、自分の心と体の変化するようすを観察すると、たくさんの
ことが学べます。坐ることは「何もしない」ためのチャンスです。何もしないで、
ただ座って息を吸って吐くことを楽しむのです。

 

坐る瞑想は、深い癒しをもたらす、と言います。自分の中で何が起こっていても、
ただ寄り添うこと。痛み、怒り、いらいら、喜び、愛しさ、静寂など、そこに
何があろうとも流されることなく、ただ寄り添う。坐って呼吸することによって、
「いま」「ここ」に真の自分を生み出し、それを自分の周囲の人びとや世界に
捧げる。ここにたしかに存在し、充分に生き生きとして、しっかりと現在に
生きていること、それが坐る目的だと言います。とにかく坐って、何もしない
ことを楽しむ瞑想。呼吸法から始まるマインドフルネスの、次のステップとして、
実践してみてはいかがでしょうか。

 

  

Happiness: Essential Mindfulness Practices

Happiness: Essential Mindfulness Practices

 

 

ブッダの幸せの瞑想【第二版】

ブッダの幸せの瞑想【第二版】

 

 

 

Happiness: Essential Mindfulness Practices

Happiness: Essential Mindfulness Practices

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約