しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

あなたの「内なる傷ついた子ども」。毎日5分でトラウマを癒すマインドフルネス。

f:id:englishforhappiness:20170128063858p:plain

禅僧ティク・ナット・ハンによれば、多くの人々の中に、傷ついた子どもが
今も生き続けている、と言います。時としてその「内なる傷ついた子ども 
(The Wounded Child Within) 」は、意識の奥底から現れて、あなたの関心の
すべてを要求するモンスターになっているかもしれません。そんな時も、
まず「気づきの呼吸 (mindful breathing) 」を実践することが有効だというのです。

 

“Breathing in, I go back to my wounded child;

breathing out, I will take good care of my wounded child. ”

「息を吸い、自分の中の傷ついた子どものもとへ帰る。 

 息を吐き、自分の中の傷ついた子どもの世話をする」

ティク・ナット・ハン著「怒り (anger)」より

 

The wounded child in us is here in the present moment. And we can heal him or her
right now. “My dear little wounded child, I’m here for you, ready to listen to you.
Please tell me all your suffering, all your pain. I am here really listening””

傷ついた子どもは、今この瞬間にもここにいます。そして私たちは今すぐに
その子を癒すことができるのです。「私の中の傷ついた小さな子、私はあなたの
ためにここにいます。あなたの話を聴く用意ができています。あなたの苦しみ、
痛みをすべて話してください。私は耳を澄ましてここにいます」と語りかけて
ください。

 

このように、毎日5分から10分耳を傾けることができれば、癒しが起きる、
というのです。ティク・ナット・ハンは、この章を次のように締め括っています。

 

When you climb a beautiful mountain, invite your little child within to climb
with you. When you contemplate the beautiful sunset, invite him or her
to enjoy it with you.If you do that for a few week or a few months,
the wounded child in you will be healed. Mindfulness is the energy that can
help us do this.

あなたが美しい山に登るとき、その子も一緒に登るように誘ってください。
美しい夕日を眺めるとき、一緒に楽しめるように声をかけてください。これを
数週間数ヶ月続ければ、あなたの中の傷ついた子どもは癒されます。気づきは、
これを助けるエネルギーです。

 

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

 

  

怒り(心の炎の静め方)

怒り(心の炎の静め方)

 

 

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約