読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

マインドフルネスで「怒り」を和らげる3つのステップ。

f:id:englishforhappiness:20170124033104j:plain

暮らしを、人生を破壊する「怒り」に対処するには、マインドフルネス(気づき)が
とても有効だと、ノーベル平和賞候補にもなったティク・ナット・ハンは教えて
います。その第1のステップは、気づきの呼吸(mindful breathing)を行ないながら、
「怒り」に抵抗するのではなく認識すること。

 

“Breathing in, I know that anger has manifested in me. Hello, my little anger.”

And breathing out, “I will take good care of you.”

「息を吸って、自分の中に怒りが現れたのを知る。こんにちは、私のかわいい怒り」

息を吐いて言います。「私はあなたにきちんと向き合います」

ティク・ナット・ハン著「怒り(anger)」より

 

マインドフルネスの第2のステップは、「怒り」を受け入れること。抵抗する
代わりに、自分の感情にきちんと対処することが大切だと言います。それは泣き
叫ぶ赤ん坊を叱りつけたりせずに、やさしく抱きしめる母親と同じ。

 

The first few minutes of recognizing and embracing anger with tenderness

can bring results.

怒りに気づき、やさしく受け入れれば、最初の数分間だけで成果を得ることが
できます。

 

この段階で「怒り」はまだそこにありますが、あなたは赤ん坊の世話の仕方を知って
いるので、それほど苦しまなくなると言います。第3のステップは、落ち着かせ
和らげること。もうすでに、

 

The situation is no longer in chaos, with the crying baby left all alone.

The mother is there to take care of the baby and the situation is under control.

泣き叫ぶ赤ん坊が一人で放って置かれているような混沌とした状態ではありません。

赤ん坊を世話する母親がいて、事態は落ち着いています。

 

以上、NHKでも紹介された、命にもかかわるという「キラー・ストレス」に対処
するマインドフルネス(気づき)の代表的な著作からご紹介しました。原書はわかり
やすい英語で書かれており、CDも出ているので、英語学習にかなり役立つと思い
ます。オススメです。

 

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

 

 

 

怒り(心の炎の静め方)

怒り(心の炎の静め方)

 

 

 

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

Anger: Wisdom for Cooling the Flames

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約