読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

マインドフルネス・魔法の言葉、実践その4。“True Love”は、プライドを克服する。

f:id:englishforhappiness:20170118035233j:plain

4つめの魔法の言葉(マントラ)は、あなたが「この世でいちばん愛している人に
苦しめられている」と感じるときに使うマントラだと言います。そんな時、やはり、
気づきの呼吸(mindful breathing)によって体と心をひとつにして、自分から相手の
ところへ行きます。

 

Dear one, I am suffering, please help

わたしは苦しんでいます。助けてください。

 

実は、これは、実行するのが最もむずかしい。なぜなら、相手のところへ行って
「助けてほしい」などと言うのはもってのほか、プライドが許さないからです。
しかし、

 

According to the teaching of the Buddha, in true love there is no place for pride.

If you are suffering, every time you are suffering you must go to the person in

question and ask for his or her help.

ブッダの教えによれば、真の愛にプライドの居場所はありません。

苦しんでいるときはいつでも、当の相手のところへ行って助けを求めるべきです。

 

ティク・ナット・ハンは、さらに続けます。

 

Do not let pride keep you apart. If you think your love for this person is true love,

you must overcome your pride.

プライドのために、愛する人との間に壁をつくらないでください。相手への愛が

本物だと思うのなら、プライドを克服してください。

 

そして、気をつけないといけないのは、自分の今の苦しみが、たんなる思い込みか、
誤ったもののとらえ方にある場合が非常に多いということです。相手に直接確かめる
ことで、なんだ、ただの思い込みだったんだと、一挙にその苦しみが解消することが
多い。ブッダも、

We are subject to misperception in our everyday life.

Therefore we have to pay close attention to our perceptions.

わたしたちは毎日の中で誤った認知に支配されてしまう。

したがって、自分の認知がどうなのか、つぶさに見ていかなくてはならない。

 

と繰り返し説いていると言います。大切なのは、自分の体と心をひとつにし、
プライドを克服して、直接その人のところへ行き、解決策を探そうとする誠意と勇気。
愛する人との関係が困難に陥ったとき、真っ先に思い出したい魔法の言葉(マントラ)
ではないでしょうか。

 

True Love: A Practice for Awakening the Heart

True Love: A Practice for Awakening the Heart

 

 

 

ブッダ「愛」の瞑想

ブッダ「愛」の瞑想

 

 

 

True Love: A Practice for Awakening the Heart

True Love: A Practice for Awakening the Heart

 

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約