読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

サスペンスの巨匠ヒッチコックに学ぶ映像言語。”Think visually.”

f:id:englishforhappiness:20161212055755j:plain

f:id:englishforhappiness:20161212055835j:plain

 

“the Master of Suspense(サスペンスの巨匠)”ヒッチコックは、”Think visually
(視覚的に考える)”巨匠でもあった、とわかるドキュメンタリー、それが
ヒッチコック/トリュフォー」ではないかと思います。彼は言います。
映画にとって、

 

Logic is dull.

論理は退屈なもの。

 

スクリーンに映った時に、どう見えるか? がすべてであり、そのための、
さまざまな映像言語を開発したパイオニアヒッチコックなのです。あの
「セブン」ゴーン・ガール」のデヴィッド・フィンチャーも、この映画の
元となったロングセラーの名著「映画術 ヒッチコックトリュフォー」で
カット割のイロハを学び、「CURE」「ダゲレオタイプの女」の黒沢清も、
自分にとっての「バイブル」と言い切っています。聞くところによると、
最近の子供は、新しいことを学ぶのに、本を読むよりも、まず、You Tube
検索するのだとか。そんな時代に生きる我々にとって、映像言語の基本を
知っておくことは、けっして無駄なことではないでしょう。ただし、この
ドキュメンタリーをこれから観るという方へ、ひと言。なるべく多くの
ヒッチコック作品を観ていたほうが、この映画は楽しめると思います。
少なくとも、「めまい」と「サイコ」だけは、事前に観ておいたほうがいい。
そうでないと、種明かしを先に知ってからマジックを観るのと同じになって
しまいますから。もちろん、未知のものを知るドキュメンタリーとして良く
できていることに変わりはありません。それから、英語を学んでいる方へ。
巨匠が映画について語る英語を、たっぷり聞けますよ。