しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

英語リスニング能力を向上させるには。 “The point of no return”

f:id:englishforhappiness:20161207195645j:plain

ミュージカル「オペラ座の怪人」より

 

これは、逆説のように聞こえるかもしれませんが、日本人の英語リスニング能力の
向上を妨げている大きな要因のひとつに、「字幕」がある、と思います。私の経験を
お話しすると、ロンドンでの初演から30周年を迎えたミュージカル「オペラ座の怪人
を、現地ウエストエンドで観劇した時のことですが、最初、30パーセントくらいしか
聞き取れなかったのが悔しくて、書店で脚本を購入して英語に眼を通し、後日もう一度
チャレンジしたところ、80パーセント以上理解でき、あらためて、このミュージカル
史上に燦然と輝く傑作を堪能できたのでした。つまり、「字幕のない状況でのリスニ
ング」これが良かったようです。そこから私が学んだことは、リスニング能力アップ
には「準備」と「開き直り」が欠かせないということ。しかるべき「準備」をした
後に、エイヤッと自分を追い込んで、字幕がないという、一瞬も後戻りできない状況
で「開き直って」英語に立ち向かえば、必ず道は開ける、と思いました。
本日のタイトル”The point of no return”は、「後戻りできない地点」(航空用語で
「帰還不能点」)を示す言葉で、劇中で歌われているナンバーの題名にもなって
います。かつて、テレビ・モニターの字幕部分にガムテープを貼って、洋画鑑賞
をするという「荒わざ」を実行した人も知っていますが、現在では、もちろん、
字幕OFFを選べるDVDが安価で手に入ります。また、かなりの映画の音声書き起こし
(transcript)が、ネット上で無料でゲットできます。後はやる気次第。字幕なしで、
洋画を楽しめるリスニング能力をめざして。”The point of no return” を有効に
使ってみてはいかがでしょうか。