しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

映画「PK」を読み解く英語。 Wrong number.

f:id:englishforhappiness:20161207200713j:plain

「神様、お電話ください」という新聞広告を覚えている方は、何人いるでしょうか?
かつてのコピーライターブームの火付け役となった、糸井重里さんがコピーを書いて
いるのですが、インド映画「PK」を観て、この広告とイメージがダブりました。
神様と連絡が取れるという電話番号がある、でも、それが”Wrong number(間違い
電話)”だったとしたら・・・

神様の存在を信じるか?信じないか?に関して、日本人は、世界の中では、とても
ユニークな考え方をしている、ということをわかっていないと、外国人との
コミュニケーションにおいて、かなりのズレが生じてしまいます。キリスト教
せよ、イスラム教にせよ、ヒンズー教にせよ、そもそも神様の存在を信じているのが
大前提の人々に向かって、「私は無神論者です」などと気軽に言おうものなら、
間違いなく、ヘンなやつと思われてしまうのです。そういった文脈の中でこの映画を
観ると、なかなか面白いと思います。ストーリーは素晴らしく、世界的にはヒット
したらしいのですが、いわゆる「宗教アレルギー」がある日本では、難しいかも
しれません。ま、私の場合、ヒロインを演じるアヌシュカ・シャルマのショート
カットに、すっかりやられてしまったのですが・・・堅い話はヌキにして、
エンタメとしてもオススメできる作品です。