しあわせになる英語 English for Happiness

共に学ぶ「お役立ち」プログをめざします。

「人を傷つけてしまったとき」関係回復に効くマインドフルネス。「和解」その11。

f:id:englishforhappiness:20170719040617p:plain

誰かを思わず傷つけてしまったとき。取り返しのつかないことをしてしまったと
感じるとき。すぐに事態を打開するのはむずかしいかもしれませんが、その人との
関係回復に向けてできるマインドフルネスの実践があると言います。禅僧ティク
・ナット・ハンの言葉に耳を傾けてみましょう。

 

The first thing is to take the time to say, “I’m sorry, I hurt you out of my ignorance,
out of my lack of mindfulness, my lack of skillfulness. I’ll try my best to be more
understanding. I won’t say anything more to you right now. I don’t want to hurt you
again.”

まず一つめは、このように伝えることです。「ごめんなさい。自分の無知、気づきの
なさ、未熟さから、あなたを傷つけてしまいました。もっと人のことがわかる人に
なれるように精一杯力を尽くします。今はもうこれ以上何も言いません。もう
あなたを傷つけたくないから」

 

Sometimes, we do not have the intention to hurt, but because we’re not mindful or
skillful enough, we hurt somehow. Being mindful in our daily life is important,
so that we can speak in a way that will not hurt others.

私たちは、傷つけるつもりはなくても、充分にマインドフルではなく未熟であるが
ために、誰かを傷つけてしまうことがあります。人を傷つけない話し方ができる
ためには、気づきをもって日々の生活を送ることがとても重要です。

 

The second thing to do is to try to bring out the best part in ourselves, our flower,
in order to transform ourselves. That is the only way to demonstrate what we have
just said. When we have become fresh and pleasant, the other person will notice
very soon. Then when there’s a chance to approach that person, we can come to her
as a flower and she will notice immediately that we are quite different. We may not
have to say anything. Just seeing us like that, she will accept us and forgive us.
That is speaking with our life not just with words.

二つめにするべきこと、それは自分の最善の部分を引き出すこと、自分自身を変容
させ、内なる花を咲かせることです。先ほど自分が言ったことが本当だと示す
ためには、それしかありません。私たちが花のような生き生きとした感じのよい人に
なれば、相手もすぐに気がつきます。そばに行く機会があれば、私たちが大きく
変わったことに一日で気づきます。何も言わなくても、その様子だけで、もうこちらを
受け入れ、ゆるしてくれることもあるでしょう。言葉ではなく、生き方で語ることほど
雄弁なものはありません。

 

When we begin to see that our “enemy” is suffering, that is the beginning of insight.
When we see in ourselves the wish that the other person stop suffering, that is
a sign of real love. But be careful. Sometimes we may think that we’re stronger than
we actually are. To test our real strength, we try going to the other person to listen
and talk to him or her. We’ll discover right away whether our loving compassion is real.
We need the other person to be there so we can test our strength. If we just meditate
on an abstract principle, such as understanding or love, it may be just our imagination
and not real understanding or real love.

自分にとって“敵”のように思える人も実は苦しんでいることが見え始めたなら、
それは洞察の第一歩です。「その人が苦しまなくなりますように」という願いが
自分の中にあると気づいたなら、それは真の愛の兆候です。しかし、注意しなくては
なりません。人は自分が思っているほど強くないことがあるからです。実際にその
願いがどれほどゆるぎないものなのか試すには、憎いと思う相手のところへ行って
話に耳を傾け、話しかけることです。たちまち、自分の慈悲の心が本物かどうか
わかります。自分の本当の強さとは、実際に目の前に相手がいて初めてわかるもの
です。愛や理解といった抽象的な原理についていくら瞑想したところで、想像に
すぎず、本物の愛や理解ではないものです。

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

  

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 



 

 

 

 

 

「自分を苦しめている相手」への見方が劇的に変わる、マインドフルネス。「和解」その10。

f:id:englishforhappiness:20170717062343p:plain

誰かが自分を苦しめていると感じるとき。実は、その大半が、あなた自身の誤った
思い込みによるものであると言います。マインドフルネスの伝道師ティク・ナット
・ハンの言葉に耳を傾けてみましょう。

 

Because we are often caught in the images of our past suffering, we easily develop
wrong perceptions and react to others in a way that brings about more suffering.
Suppose we’re angry with someone because we believe this person tried to make us
suffer. That’s our perception. We believe the other person’s intention is to make us
suffer and make our life miserable. That perception brings about anger and the kind of
actions that will lead to more suffering for all involved.

人は過去の苦しみの幻影にとらわれて誤った「ものの見方(想、認知)」をし、さらに
苦しみを生むようなやり方で反応してしまうことがあります。相手がこういうことを
するのは、自分を苦しめようとしているからだと考え、相手に腹を立てる。それは自分
の見方、思い込みです。相手は自分を苦しめ、人生をみじめにするつもりなんだ、
そうした思い込みが怒りを生み出し、関わる人すべてをさらに苦しめる行動に導き
ます。

 

Instead of lashing out, we can use mindful breathing and walking to generate
our awareness and insight. We can breathe in and out and see that there is suffering
in us and there are wrong perceptions in us. We see that there is suffering in the other
person and wrong perceptions in him. We have reached some level of awareness,
but the other person may not have because he doesn’t know how to recognize and
handle his suffering and get out of his current situation. He suffers, he makes himself
and the people around him suffer.

しかし、私たちは暴言を吐く代わりに、気づきと洞察が生まれるようにマインドフルに
呼吸し、歩むことができます。マインドフルな呼吸を続けていると、次第に自分の中に
ある苦しみと誤った思い込みに気づいていきます。相手の中にも、苦しみと誤った
思い込みがあることが見えます。ただ、こちらはある程度、理解に達しても、相手は
そうはなりません。内なる苦しみを認め、扱う方法を知らないからです。

 

As soon as we see this, we have another way of looking at him. We see the suffering
in him and we can see that he doesn’t know how to handle his suffering. When we’re
able to see the suffering in him and see his situation, compassion arises. When
compassion arises, anger is transformed. We will not act in the direction of punishment,
because we have no more anger.

そうとわかれば、ただちに相手に対する見方が変わります。その人の苦しみと状況が
わかり、思いやりの気持ちがわいてきます。怒りはおのずと変容し、やり返したり
罰したりするような行動には向かいません。

 

This is the intervention of insight. We can be saved by our insight because it helps us
to correct our wrong perceptions. When wrong perceptions are no longer there, anger,
fear, and despair are no longer there. Instead we have compassion and willingness
to help.

これが洞察、智慧の介在です。洞察は誤った思い込みを正す力となり、それによって
私たちは救われます。誤った思い込みがなくなれば怒り、恐怖、絶望もまた消え、
代わりに慈悲と「助けたい」という自発的な意欲が生まれてきます。

 

Volition is the basis of all our actions. When we have wrong perceptions, our volition
motivates us to react in ways that create more suffering. With insight, our volition
becomes good volition. We are motivated by the desire to help, and not to punish.
When we’re motivated like that, we feel much better already, even when we haven’t
done anything yet.

意欲はあらゆる行動の基盤です。誤った思い込みは、さらに苦しみを生み出すような
やり方で反応するように動機づけます。しかし、洞察があれば、意欲は「よき意欲」
となり、「助けたい」という願いから動くようになります。そこまでくれば、まだ
何をしたわけでもなくても、もうずいぶん気分がよくなっているものです。

 

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

 

  

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

 

 

 

 

 

マインドフルネスで、あなたの内なる傷ついた子どもを癒す。その具体例。「和解」その9。

f:id:englishforhappiness:20170715054542j:plain

私たちは、かつて、とてももろく傷つきやすい子どもでした。その子どもは
あなたの心の中に今も存在しており、本当に幸せになるためには、なるべく早急に、
その子が心に負った傷、つまりあなた自身のトラウマを癒す必要があると言います。
マインドフルネスの伝道師ティク・ナット・ハンの言葉に耳を傾けてみましょう。

 

This meditation can be done while either sitting or walking. It’s important to find
a quiet place, a place where you can be comfortable and relaxed and uninterrupted
for at least five minutes. As you breathe in and out, you can say these words
to yourself. “Breathing in, I see myself as a five-year-old child. Breathing out,
I smile with compassion to the five-year-old child in me.
” At first you may want to say
the whole sentence, then you may just want to use the key word; “Myself five years old.
Smiling with compassion.

この瞑想は座りながらでも、歩きながらでもできます。少なくとも五分間は邪魔
されることなく、心地よくくつろいでいられる静かな場所を見つけることが大切です。
息を吸って吐いて、こんなふうに自分に語りかけます。「息を吸い、自分を五つの子
として見る。息を吐き、内なる五つの子に優しく微笑む。」最初はこのように文章全体
を言い、そのうち次のように鍵となる言葉だけを使うようにしてもいいでしょう。
「五つの子。優しく微笑む。」

 

The five-year-old child within needs a lot of compassion and attention. It would be nice
if every day we would find a few minutes to sit down and practice this meditation.
It would be very healing and very comforting, because the five-year-old child in us is
still alive and needs to be taken care of. With acknowledge and communication,
we can see that child responding to us and she or he begins feeling better.
If she feels better, we feel better also and we start to feel great freedom.

内なる五つの子どもは、思いやりと注目をたっぷり必要としています。毎日、数分
でも座ってこの瞑想を実践する時間を見つけられるとよいでしょう。たいそう癒され、
慰められ、心地よく感じます。それはその子があなたの中でまだ生きていて世話される
ことを必要としているからです。存在を認めてコミュニケーションを取ると、その子が
確かに反応し、気分がよくなっていくのがわかります。その子の気分がよくなれば、
私たちも気分がよくなり、大きな自由を感じ始めます。

 

To take good care of ourselves, we must go back and take care of the wounded child
inside of us. You have to practice going back to your wounded child every day.
You have to embrace him or her tenderly, like a big brother or a big sister. We must
listen to the wounded child inside of us. The wounded child in us is here in the present
moment. And we can heal him or her right now.

自分を大切にするには、まず内なる子どものところに戻り、大切にすることです。
毎日、傷ついた子のところに帰る実践をしてください。兄が妹にするように、優しく
抱きしめます。そして、その子の声に耳を傾けなくてはなりません。その子は過去では
なく、今ここにおり、私たちがそうしようと思えば、ただちに癒してあげられます。

 

“My dear little wounded child, I’m here for you, ready to listen to you. Please tell me
all your suffering, all your pain. I’m here, really listening.” We have to embrace that child
and, if necessary, we have to cry together with that child, perhaps while we are doing
sitting meditation. We can go into the forest and do that. And if you know how to go
back to her, to him, and listen like that every day for five or ten minutes, healing will
take place.

「小さなかわいい傷ついた子、あなたのために私はここにいるよ。話を聴く準備は
できているよ。苦しいこと、つらいこと、なんでも話してね。本当に心から聴きながら
ここにいるから」その子を抱きしめ、必要があれば一緒に涙を流します。座る瞑想を
しながら取り組んでもよいでしょう。森に行ってもいいでしょう。毎日、その子の
ところへ戻って十分でも耳を傾ける方法がわかれば、癒しは起こります。

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

  

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今ここにいることを喜びに変える。それが、マインドフルネス効果。「和解」その8。

f:id:englishforhappiness:20170713043937p:plain

たとえば美しい朝陽を眺めているとき。心が今後の計画や心配事、未来や
過去のことで占められていれば、私たちは本当にそこに存在しているとは言えず、
その美しい朝陽を深く楽しむことはできないと言います。マインドフルネスの
伝道師ティク・ナット・ハンの言葉に耳を傾けてみましょう。

 

If we go home to our in-breath and out-breath and practice breathing deeply,
we can bring our mind entirely to the present moment. We can free ourselves
from the past, from the future, from our projects, and our body and mind will be
one. Mindfulness helps us to be fully present in order to witness, contemplate,
and enjoy deeply the scenery of the sunrise.

深い呼吸を実践し、呼吸というわが家に戻ってくれば、今ここに心を完全に
持ってくることができます。過去や未来、計画事から自由になり、体と心が
一つになります。朝陽が昇る光景をあるがままに眺め、瞑想し、深く味わえる
ように、今ここに完全にいられます。

 

Suppose a friend who has come a long way to visit is having a cup of tea with us.
Mindfulness helps the time we spend with her to be a time we won’t forget.
We’re not thinking of anything. We’re not thinking of our business, our projects.
We just focus our attention on this moment when we’re with our friend. We’re fully
aware that she is there and that we can sit with her and enjoy a cup of tea.
Mindfulness helps us to taste the joy of each moment very deeply.

友達が遠方からはるばる訪ねてきてくれて、一緒にお茶を飲んでいるとしましょう。
マインドフルネスを実践していると、いっそう忘れられないひとときを過ごせます。
私たちは仕事のことも今後の計画のことも忘れ、何も考えず、ただ友といるその瞬間に
集中します。友がそこにいて、ともに座り、お茶を味わえる、そのことに完璧に
気づいています。このようにマインドフルネスの実践は実は深く、その一瞬一瞬の
喜びを味わえるように助けてくれるのです。

 

Brushing our teeth, cooking our breakfast, walking to the meditation hall, everything
we do, every step, every breath should bring joy and happiness to us. Life is already
full of suffering; we don’t need to create more.

歯を磨いているときも、朝食の準備をしているときも、どこかへ歩いているときも、
何をしていようと、一歩踏み出すたびに、一つ呼吸するたびに、喜びと幸福感が
もたらされるべきです。人生にはすでに多くの苦しみがあります。新たに生み出す
必要などありません。

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

 

  

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

 

体の芯からリラックスできる、マインドフルネスの具体的なやり方。「和解」その7。

f:id:englishforhappiness:20170711005819j:plain

マインドフルネスで、自分の体と対話する。呼吸を意識することで、心と体が
ひとつになり、自分がいかに間違った体の使い方をしているか「気づく」ことが
できると言います。禅僧ティク・ナット・ハンの言葉に耳を傾けてみましょう。

 

With mindful breathing, we come to recognize our body as our home. We might say;
“Breathing in, I am aware of my body. Breathing out, I smile to my whole body.”

そのようにマインドフルな呼吸を実践していると、体が「わが家」であることが
見えてきます。心の中でこう唱えましょう。「息を吸い、体に気づく。息を吐き、
体全体に微笑む。」

 

It’s very nice to recognize our own body and smile to it. If we have ten or
fifteen minutes, we can try the healing practice of deep relaxation. To do this,
we find a comfortable position, ideally lying down, and come home to our breath;
“Breathing in, I am aware of my in-breath. Breathing out, I am aware of my out-breath.”

体を認め、微笑むのはとても素敵なことです。十分か十五分もあれば、「深い
くつろぎの瞑想」という癒しの実践ができます。まず、自分にとって心地よい姿勢を
見つけましょう。横になれれば理想的です。それからこんなふうに心の中で唱え
ながら、呼吸へ、わが家へ帰ります。「息を吸い、入ってくる息に気づく。息を吐き、
出ていく息に気づく」

 

We can lie down and just breathe in and out, and enjoy the presence of our body.
We give our body a chance to be there without doing anything. This is total relaxation,
the practice of love directed to our body. We begin to pay attention to the whole body
and then to different parts of the body; “Breathing in, I am aware of my whole body.
Breathing out, I release all tension in my body.”

横たわってただ呼吸を繰り返しながら、体があることを楽しみましょう。「何もせずに
ただそこにある」という機会を、体に与えてあげましょう。これは完全なくつろぎの
瞑想、体に愛を向ける実践です。次のように体全体に注意を向けたあと、さまざまな
部位に向けます。「息を吸い、体全体に気づく。息を吐き、体全体から力を抜く。」

 

We can start with the head and finish with the toes. Or we can begin with the toes
and work upward. We use the fully conscious mind to recognize that a certain part of
the body is there. We recognize and embrace it with the energy of mindfulness and
allow the part of the body to relax and release the tension.

まず頭から始めてつま先まで続けてもいいですし、つま先から始めて上がって
いってもかまいません。体のそれぞれの部分に完全に意識を向けて、その存在を
認め、マインドフルネスのエネルギーでつつみ込み、力を抜いてくつろぎます。

 

いかがですか?実際、私もこの、マインドフルネスの光線で体をくまなくスキャン
していく実践を毎日行なっていますが、体の芯からリラックスできると感じています。
よろしかったら、ぜひお試しください!

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

  

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

 

 

 

 

 

「つらい」と感じるとき、最も効果的なマインドフルネスとは?あなたの内なる子どもを癒す。「和解」その6。

f:id:englishforhappiness:20170709034334j:plain

脳の疲れを減らし、集中力を高めるノウハウとして大流行しているマインド
フルネスは、もともと、呼吸を意識することで今ここにいる自分に立ち返る、
仏教のプラクティス(実践)。その効果は、「つらい」と感じるときにも
発揮されると言います。禅僧ティク・ナット・ハンの解説に耳を傾けて
みましょう。

 

Each of us has a certain amount of illness in our body or in our mind.
The best way to heal is to begin by stopping everything and being totally
with the present. This lets our body, our mind, heal itself.

誰しも体や心にある程度、調子のよくない部分を抱えています。最もよい
癒しの方法は、一切を止めて、完全に今この瞬間にあることから始めることです。
それによって体も心も自然に治癒していきます。

 

When we pay attention to our breathing, our in-breath and out-breath become
peaceful and relaxed. When we walk with attention and we just walk without thinking
or being carried away by anything, we already begin to heal. When our mind is
carried away by strong pain, it helps to go back to our relaxed and peaceful
in-breath and out-breath. Eventually, when our painful feeling comes back,
we accept it as it is instead of letting it carry us away and make us more agitated.

呼吸に意識を向けていると、入ってくる息も出ていく息も安らかにくつろいだ
ものになっていきます。歩みに意識を向けて、思考にも何ものにもとらわれる
ことなく、ただ歩んでいれば、おのずと癒しが起き始めます。あまりにもつらく
今ここから心が離れそうになっても、歩く瞑想をしていると、くつろいだ安らかな
呼吸に立ち返らせてくれます。結果的につらい感覚がよみがえってきても、
とらわれ、かき立てられることなく、そのまま受容できます。

 

We don’t fight the painful feeling because we know it is part of us, and we don’t want
to fight ourselves. Pain, irritation, and jealousy are all part of us. As they arise,
we can calm them by going back to our in-breath and out-breath. Our peaceful breathing
will calm those strong emotions.

「つらい感覚をどうにかしよう」と戦わないのは、それが自分の一部だとわかって
いるからです。自分と戦いたい人などいません。つらさもイライラする気持ちも嫉妬も
みな、自分の一部です。そうした激しい感情がわき上がってきたときこそ、吸う息と
吐く息に立ち戻りましょう。安らぎに満ちた呼吸が優しく静めてくれます。

 

When an emotion becomes calmer, we can see the roots of our suffering and see that
those who cause us pain are also suffering. Usually when we suffer we think we’re
the only person who suffers, and that the other person is very happy. But in fact,
it’s likely that the person who hurts us also has a lot of pain and doesn’t know
how to handle his strong emotions. Breathing with awareness, we generate
our energy of mindfulness, and we can have insight into how to handle our suffering
and that of the other with compassion.

感覚が静まると、苦しみの根本原因が見えてきます。苦しみを引き起こした人たちも
実は苦しんでいることが見えてきます。人は傷つくと、苦しんでいるのは自分だけで、
相手は幸せなのだと思いがちです。しかし実は、往々にして傷つけた側もまた心に
大きな苦痛を抱え、その強烈な感情をどうしたらいいのかわからずにいるものです。
気づきを向けながら呼吸を続けましょう。マインドフルネスのエネルギーが生まれ、
自分の苦しみにどう対処するか、またどう慈悲深く相手の苦しみに対処すればよいかが
洞察できます。

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

 

 

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約

 

 

 

 

 

 

「怖れ」に支配されないマインドフルネス。ブッダの基本的な教え。あなたの内なる子どもを癒す。「和解」その5。

f:id:englishforhappiness:20170707032644j:plain

ブッダは、私たちの誰もが「怖れの種」を持っているけれども、ほとんどの人が
抑圧し、暗闇に閉じこめて鍵をかけたままにしていると語っています。その種が
育ち、心を支配してしまわないように、毎日その種を見いだし、抱きしめ、深く
見つめることが大切。その際、「心に留めておくべき五つの項目」を、禅僧
ティク・ナット・ハンの著作「和解」からご紹介します。

 

1 I am of the nature to grow old. I cannot escape old age.

2  I am of the nature to have ill-health. I cannot escape ill-health.

3  I am of the nature to die. I cannot escape dying.

4  All that is dear to me and everyone I love are of the nature to change.
      There is no way to escape being separated from them. I cannot keep anything.
      I come here empty-handed, and I go empty-handed.

5  My actions are my only true belongings. I cannot escape the consequences
      of my actions. My actions are the ground on which I stand.

1 私は老いるものである。老いから逃れることはできない。

2 私は病むものである。病から逃れることはできない。

3 私はやがて死ぬものである。死から逃れることはできない。

4 私が大切にしているものも愛する人も、すべては移り変わりゆく。別離から
       逃れることはできない。何一つ、とどめておくことはできない。私はここに
       何も持たずに生まれ、何も持たずに去ってゆく。

5 私の唯一の持ちものは、自分の体、言葉、心による行為(業、カルマ)のみ。
       行為の結果からは逃れられない。自分の行為により私は成り立っている。

 

Every day we have to practice like this, taking a few moments to contemplate
each exercise as we follow our breathing. We practice the Five Remembrances
so that the seed of fear can circulate. We must invite it up to be recognized,
to be embraced. And then when it goes back down again, it becomes smaller.

毎日、呼吸に気づきを向けながら、一つひとつの項目について深く見つめる時間を
持ちましょう。私たちも、怖れの種子が顕在意識と潜在意識を自由に巡ることが
できるように、この「心に留めておくべき五つの項目」を深く見つめる実践をして
います。こうして(顕在意識という)心のリビングルームに怖れの種子を招き入れて
存在を認め、抱きしめるたびに、怖れの種子は小さくなって(潜在意識という)
地下室へ帰っていきます。

 

いかがでしたか?この五つの項目は、人々を苦しみから救う仏教の根幹にかかわる
大切な教え。正直に言って、日頃の雑事に心をとらわれている身としては、ティク・
ナット・ハンの言うように、「毎日」しっかり時間をとって、このマインドフルネス
(気づき)を実践することはむずかしいのですが、知らず知らずのうちに「怖れ」に
心を支配されないようにするためにも、なるべく心に留めておきたいと思います。

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

 

和解~インナーチャイルドを癒す~

和解~インナーチャイルドを癒す~

 

  

 

Reconciliation: Healing the Inner Child

Reconciliation: Healing the Inner Child

 

■プライバシー・ポリシー

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得
できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにおいて、
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、ユーザーからの情報を収集し、訪問者の
ブラウザーにクッキーを設定することがあります。プログラムにおいて情報の
扱いについてはAmazon.co.jpプライバシー規約をご確認ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp プライバシー規約